忍者ブログ
岡山県でゆる~くオカッパリスタイルな釣りしてます(・ω・)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ひつじ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
岡山生まれで関東育ちの岡山県民☆
釣りとか漫画とか料理とかが大好きです(´・ω・`)

コメントや相互リンクもお待ちしてます(´∀`)
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
[08/26 ひつじ]
[08/25 ダーマ]
[08/25 ひつじ]
[08/25 ダーマ]
[08/03 ひつじ]
2020/04/01 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015/06/23 (Tue)
どもども♪

先日、仕事で凄腕のルアーアングラーさんとお話する機会がありました。

その方は40年近くルアーフィッシングをされていて、淡水・海水問わずにあらゆるお魚を釣っているとの事。

最近のメインターゲットはアカメ!
5年以上かけてメーターオーバーを釣り上げられたそうです。

写真を見せて頂きましたが、ホントに目がルビー色で、尾鰭は男性の手のひらサイズ。
口は両手の拳が楽々入るくらいでした。

ちなみにファイトはPE4号が170m出るほど走り回るらしいです(゜ロ゜;)オソロシイ

またシーバスにも詳しくて、昔は吉井川に通っていたとの事で吉井川の攻略方法を教えて頂きました(o´∀`)b。

これは早速試さねばという事で、惨敗続きのシーバスにレッツゴー(∩´∀`∩)

・・・その前に近くの野池で軽く腕ならし。
トップ&クランク縛りで朝マズメ釣行!

結果は・・・



ポッパーでギルのみ(-ω-;)

レアリスクランクで小バスを一匹掛けましたが、抜きあげ時にポチャリと外れてしまいました・・・。

幸先不安です・・・(;゚д゚)

で、夜になりいよいよシーバス狙いに。

やって来たのは吉井川の下流堰。
通称、『潮止め』。

ここはシーバスの実績十分の一級ポイントですが、何よりも根掛かりが凄い(゜ロ゜;)

捨石に崩れテトラ。
堰工事で入ったコンクリなどとにかく根だらけ。

その陰に魚がついていて、ルアーが底にコンタクトしてヒラを打つと食ってくるみたいですね。

「根掛かりを恐れずにとにかく投げて巻く」とのアドバイスに従い、夕マズメ頃からスタート。

中古やオークションでコツコツ買い溜めた安いバイブレーションでひたすらキャスト!

この日は堰が開放されていて、流れが出来ていたので、流れの脇のヨレや強い流れと弱い流れの境を意識しつつ、高速巻きで底にゴツゴツ当てながら探っていきます。

なかなかアタリも無く、二個ほどルアーもロストしてリーダーを組み直したりしながらも、辛抱強くキープキャスト(・ω・)

やがて、干潮の時間になり、足元の岩が水面に出始めた頃。
下流側にキャストして流れが弱まって巻きの抵抗が少なくなった辺りで・・・

ガツン!!
バシャバシャバシャバシャ!!

キター(・∀・)

遂にヒット!

エラ洗いを耐えて、追いアワセをするとガッチリフッキングした手応えがありました。

とはいえ、根で擦られてのラインブレイクが怖いので、全力でゴリ巻き!

流れに逆らいつつ巻くので、ロッドがエラいしなりましたが、バッドパワーを信じて強引に寄せてきます。

最後に手前で強く突っ込まれましたが、リールのドラグが上手く出てくれて何とか耐えました!

天龍ちゃん&シマノさんに感謝(・∀・)



流れに揉まれたナイスコンディションのハネサイズ(o´∀`)b
餌もたらふく食っているみたいで、ルアーを外した時に口の中から、小さなケッケ(ヒイラギ)が出てきました。

坊主続きだっただけに、本当に嬉しくて、リリース後に思わず叫んでしまう程、テンション上がりました(∩´∀`∩)

この一匹で満足して帰宅。
帰り際に釣具屋さんでヒットルアーのバイブレーション(税込498円)を買い足しました。



田植えの影響でバスはナーバスな場所も多いみたいですが、逆にシーバスは梅雨の増水パターンや濁りのおかげで調子は上向き(・∀・)

また、釣りに行きたいと思います!

拍手




Day:6月22日 

Rod: 天龍 Masterplan MP-80L

Reel:SHIMANO 08 TWIN POWER 2500S

Line:PE1号+フロロ12lb

Lure:サイコ シーバイブ

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]